メニュー ホーム

確実に保育士になるためには厚生労働省指定の学校を卒業すること

保育士になる前に適正があるかどうかを知ることが大切

保育士になるには色々な方法がありますが、その前に適正があるかどうかが大事です。保育士に必要な適性とは、まず子どもが好きなことが大前提です。また子ども相手の仕事なので体力と気力が必要です。園児の保護者や地域の住民とのコミュニケーションが必要なので、明るくて社交的な性格でないと難しい面があります。子どもは大人よりも何事も時間がかかるので、忍耐力も必要です。そして最も大切なのが責任感です。子どもの命を預かるという責任感が求められる仕事だからです。

国家試験を受けるために必要な条件

保育士になるには国家試験を受けて合格すればいいのです。極端にいえば自分で勉強すれば国家試験に受かることは可能です。ただしそれだけでは保育士になれないのです。それは保育実習を受けられないからです。また保育士になるには必要な条件があります。例えば大学や短大を卒業しているか卒業見込みがある、2年以上通う専門学校を卒業しているか卒業見込みがある、高校卒業後に児童福祉施設で2年以上働いている、中学卒業後に児童福祉施設で5年以上働いている、などの条件です。

卒業と同時に保育士資格が取れる学校

最も確実に保育士になるには、厚生労働省が指定する保育士養成校を卒業することです。保育士養成校には4年制大学、短期大学、専門学校、通信制学校があります。これらのいずれかを卒業すれば、卒業と同時に保育士資格が取得できます。国家試験を受ける必要がないので、確実に資格が取れます。ただし厚生労働省が指定している学校かどうかを入学する前に確認する必要があります。世の中にはたくさんの保育関係の学校がありますが、指定を受けていない学校もあるからです。

保育士の求人を大阪で探すと、正社員の募集が目立ちます。子供と向き合うので、長く勤められるようになっています。

スポンサードリンク
保育士の求人の大阪市西区の詳細

カテゴリー:未分類

admin