メニュー ホーム

スキルを積めば、年齢関係なく求人がある歯科衛生士の仕事

歯科衛生士の仕事となり方

歯科衛生士は歯科医師の指導の元、診療の補助や歯科予防処置、歯科保健指導を行う仕事です。具体的には、歯石の除去や、歯ブラシの使い方の指導、医療器具の管理や準備、カルテの整理などがあります。歯科衛生士は専門学校で、解剖学や病理学、口腔衛生学などを学び、国家資格を取得しなければ、仕事ができません。国家資格が必要な仕事であり、不況に関係なく、求人も多いです。人手不足の歯科医院も多いので、求人は見つけやすいです。

歯科衛生士の認定資格

知識や技術力が必要な仕事なので、実務経験が重視されます。実際、歯科衛生士の求人でも、経験者を求めるところが多いです。歯科衛生士には、ホワイトニングコーディネーターや審美学会歯科衛生認定士、インプラント専門歯科衛生士など認定制度があります。認定を得れば、転職の際のアピールにもなりますし、給料アップも望めます。認定歯科衛生士の認定は、学会会員となり、認定分野でも3〜5年の経験を積み、講習を受けて、その後試験に合格することで得ることができます。

結婚しても働きやすい歯科衛生士

この資格があれば、結婚し、子どもを持ったりして、ブランクがあっても再就職しやすいです。医療は日進月歩なので、技術が進歩すれば、新しい知識や技術を学ぶ必要があります。勉強は必要ですが、キャリアを積んでいける仕事です。小さい子供がいるうちは、パートで勤務し、子どもが大きくなったらフルタイムに変える人も多いです。パートの求人も多いので、結婚した女性も働きやすいと言えます。今後の歯科医療の展望として、インプラントが伸びてくることが予想されます。インプラントは自分の歯と同じように噛めるため、治療を希望する人が多いです。インプラントのスキルを磨いていけば、歯科衛生士の仕事を探す際にも有利となるでしょう。

歯科衛生士の求人では、パート勤務が可能な求人も多数存在しており、家庭との両立を図りながら働きたい場合でも安心です。

カテゴリー:未分類

admin