メニュー ホーム

CADの求人については

CADとはどういうものか

CADとはcomputer aided designのことを言いコンピュータ支援設計と日本では訳されているようです。コンピュータを使った設計支援ツール、つまりアプリケーションソフトを使った設計のことを指します。

当初は建築や機械、工業デザイン分野で2次元ソフトが登場しましたが、その後は3次元ソフトも登場して建築設計においてはアニメーションが作られるものまであります。

日本における定義ではJIS B3401として記載が見られます。

CADを使った場合の利点とは

CADは鉛筆等の手書きのものに比べて図面作成には時間がかかるものの、コピー・ペーストや繰り返しの作業では効率的に製図の作業が行え、編集作業も容易であるとされています。

又、道具もマウスとモニターその他があれば操作でき、プリントアウトも行うことができるので便利な点も多く持っています。

手計算を行うことなく自動的に寸法を計算してくれたり、面積も3点なり4点を指定するだけで自動的に求積を行ってくれるという効率性も持っています。

さらに3次元の場合は積算も行ってくれるものもあって時間的に効率よく作業を進めることが出来ます。

求人におけるCADの場合とは

CADの求人では社員募集ではなくアルバイトとか派遣とかの求人の場合が多いとされています。通常は人手不足にはならないものの、現場における仕事が多くなると求人募集をかけてCAD要員を募集する場合があります。

建築分野の場合には就職したてや求人募集の場合は設計製図をプランから任せるというものではなく、渡された概略の図面から正確に製図の図面に仕上げる場合とか、上司の指示に従って図面の一部の変更をする場合、関係する図面全般も変更する作業や寸法のチェック作業とかが主な仕事になるとされています。

CADオペレーターと聞くと難しいイメージを持ちますが実際に使っている業界はアパレル、建築、デザインなどクリエイティブな仕事の人たちです。

CADオペレーターの求人の他の記事
CADオペレーターの派遣はこちら

カテゴリー:未分類

admin