メニュー ホーム

保育士はどこの世界でも愛されますが、人生の落とし穴に御注意を。

いつの時代も保育士は憧れの職業

児童福祉施設で子供の保育を行う保育士は、以前までは保母さんと呼ばれていました。保母は単なる愛称ではなく正確な資格名でしたが、1994年の男女雇用機会均等法の改正に伴い保育士に改称、そして男性の保育士も増えてきました。改称された現在も、保育士は女子が憧れる職業であることに変わりはなく、保育士の彼女を持つことは男性にとってステイタスであることも昔と変わりません。いつもニコニコ優しい保育士が初恋という男子は、今も変わらず多くいます。

いつもニコニコ優しい保育士の実態

保育士の給料は、安いことでも知られています。そのため、保育士になるのであれば公的な保育園・幼稚園に勤める必要があります。容姿端麗であれば職業に関係することなく幸せな人生を送るうえで大きなメリットになりますが、そうでなければ一般的には優しいと思われている保育士資格を最大限に活かすことが幸せな人生を送るうえで重要になります。公的な保育園等で働く公務員の保育士であれば、優しく身元も問題ないので結婚相手としては好条件です。

夜の世界で働く保育士は多い

保育士でも民間の保育園等で働くと経済的な問題が生じます。民間保育士でも容姿端麗であれば他方から誘いがあり、食費や交際費に心配する必要はありません。化粧不要の職場ではジャージひとつあれば、食事も出されるのでお金はかかりません。問題は、民間企業で働く学生時代の同級生がいる場合です。保育士にならなくても、保育士の資格を持っているだけでイコール子供好きイコール優しいとなり、男からチヤホヤされます。民間企業で働き収入もあり男にチヤホヤされる同級生を目にした時、保育士人生の岐路に立たされます。地味でも子供に愛され生きるか、それとも民間企業で働く同級生との格差を埋めるために夜の仕事を始めるか、現在、保育士として働く者が一度はぶつかる壁です。

保育士の求人なら東京で探すと見つけやすいです。東京は待機児童も多く、その解消のために保育士の需要が多いからです。

カテゴリー:未分類

admin