メニュー ホーム

リゾートバイトを探す時に考慮したい希望条件

寮は個室、それとも相部屋?

リゾートバイトでは、ホテルや旅館に住み込みで働くので、寮などに泊まることになります。その際、部屋のタイプは大きく分けて二種類です。個室の場合、一人で生活する部屋が確保できます。自分の時間が取りやすいので、一人になりたい時やマイペースを保ちたい人にはおすすめですね。相部屋の場合、生活する部屋を二人以上で使います。寝る部屋が同室だと、いびきがうるさい人がいれば眠れなかったりするし、喫煙者がいれば衣服などに臭いがつくというデメリットがあります。せっかくなので、合宿のように賑やかに過ごしたいという人は、相部屋でも苦にならないでしょう。

職種はどんな種類があるの?

施設の種類によって様々な職種がありますが、大まかに分けると、接客系と裏方系の二つに分類できます。接客系はホテルのフロント、レストランのホール、ショップでの販売、旅館の仲居などの職種です。裏方系は施設の清掃、調理補助、旅館の番頭などの職種がありますよ。勤務先によって求められるスキルが異なり、質の高いサービスを提供しているところでは、一定の接客経験が必要になります。また、調理補助の仕事では、本格的な料理を出しているところだと、調理経験必須な場合があります。自らの経験と希望をバランスよく考えることが、仕事選びのコツだといえるでしょう。

意外と重要な施設の規模

宿泊定員が数百人単位のホテルから、十人ほどで満室になる家族経営のペンションまで、施設によって規模が変わります。宿泊客が多くなればなるほど、仕事の量は増えますし、それだけ慌ただしさは増します。これとは逆に、こじんまりとしたところでは、行き届いた対応は必要になりますし、大規模なところのように追われるような仕事をすれば、目立つばかりで印象はよくないでしょう。実際に働く時に、目が回るように忙しくても平気か、もしくは落ち着いた雰囲気で働きたいのかを考慮した方が、応募先のミスマッチを防げるはずですよ。施設の規模は、インターネットを活用すれば、わりと簡単に調べられると思います。

リゾートバイトとは全国各地のリゾート地に住み込みで行うバイトです。長期休暇などを利用して、友達と一緒に行くこともできます。

リゾバを検索
他の記事

カテゴリー:未分類

admin